レシピ

青汁で野菜不足解消!

日本の食生活は欧米化してきました。
朝食にはパン食を選ぶ家庭が増え、それどころか外食チェーンの朝食メニューが人気になっています。
それは夫婦共働き世帯が増え。家事をする時間が少なくなったなどの理由もありますが、食事の変化が深刻な問題に発展することもあります。
野菜不足という問題です。

野菜不足になっている原因は朝食だけではありません。
昼食にコンビニ弁当やカップ麺、という様子も多く見かけます。
レストランでランチといっても、炭水化物ばかりが多くて野菜は少しばかりのサラダだけです。

ファストフードの利用にも同じことが言えます。
では夕食で多くの野菜が摂れるかというと、肉がメインの食卓が増えています。
和食のように、煮物やお浸し、という風に野菜メインのおかずが何品も出る家庭の方が少なくなっています。

このように3食どこをとっても野菜を多く摂れる環境ではなくなってしまいました。
最近は「弁当男子」という言葉も流行し、工夫を凝らしている人も増えてきました。
しかし、時間を有効に使いたいがために加工品に頼ってしまったり、手軽なものに走ってしまう傾向にあります。
生の野菜から調理し、その成分を体内に摂りこむことが難しくなってしまっているのです。

そんな環境にある人を助けてくれるのが青汁です。
青汁は野菜の中でも栄養価の高い緑黄色葉野菜を使用しています。
よく使用されるケールや大麦若葉、明日葉は他の野菜と比較してもビタミンやミネラルが豊富な野菜です。

野菜のまま食べようとすると、なかの水分などが影響して多く食べることにも限界があります。
しかし青汁にすることで余分な水分を省き、有効な成分だけを効率良く摂ることが出来ます。
無理に大量に食べなくてもよいのです。青汁一杯で便秘解消もできますよ。

もちろん青汁だけで一日に必要な野菜の全てを代用できるというわけではありません。
しかし、http://www.vegstl.org/husoku.htmlにも書いてあるとおり、不足しがちな栄養素をバランスよく摂ることはできます。
毎食少しずつでも野菜を摂るように心掛けたいものです。
それでも足りない栄養を青汁で補ってあげてください。
青汁は何かと忙しい私たちの味方です。

Copyright© 2011 健康に欠かせない成分 All Rights Reserved.