レシピ

青汁の消化吸収について

青汁には多くの成分が含まれています。
健康に効果のあるものとして定着しました。
しかし、その裏で以前から問題になっていたことがあります。
それは吸収率です。

何か食べたり摂ったりしたものは酵素の力を使って体内に吸収されます。
吸収されないものはそのまま排泄物として体外に出されることになります。
どんなに体に良いものでも酵素の力がなければ意味がないということになります。
このような消化吸収に関わる酵素のことを消化酵素といいます。

唾液の中にはアミラーゼ、胃にはペプシン、腸にはサッカラーゼやアミノペプチターゼという種類の消化酵素があります。
消化酵素はいくつも存在し、それぞれが役割分担をして消化吸収できる状態にしています。
これらは体内で生成することができます。
しかし、体内で生成される量には限度があるこということが明らかになりました。
さらに加工食品を多く摂ることで、消化酵素を使う量が増えてしまっているのです。

一般的に市販されている青汁の多くは加熱処理を施しています。
そのため多くの消化酵素が必要になります。
しかし青汁を摂ったとき、十分な消化酵素が体内にあるという保証はありません。
これでは十分な吸収が見込めません。
この点が以前から問題になっていたのです。

青汁の吸収率が決して良くないことは以前から改善点とみなされていました。
そこで様々な青汁製品の開発や改良の段階で吸収率の改善も行われてきました。
例えばあわ、ひえ、大麦などの穀物の麹菌を配合した青汁です。
麹菌には酵素が多く含まれています。

青汁と一緒に摂ることで青汁の吸収率をアップすることを狙っています。
また、生青汁といった製品も酵素にこだわったものといえます。
熱処理を加えないことで、もともと原材料に含まれていた酵素を利用しているのです。

なかには青汁を摂っても意味がないとまで言う人がいますが、そんなことはありません。
いかに効率良く吸収するかの問題です。
吸収しやすくなった青汁製品http://www.montenegroyellowpages.com/7.htmlもあるので上手にとりいれたいものです。

Copyright© 2011 健康に欠かせない成分 All Rights Reserved.