レシピ

おいしくて飲みやすい青汁って?

「不味い」というフレーズが印象的な青汁でしたが、現在ではそのようなイメージも変わりました。
しかし青汁は多くのメーカーから販売されています。
より飲みやすいもの、より風味が気にならないもの、このような製品もあるはずです。
では、どのようなものが「おいしくて飲みやすい」ものになるのでしょうか。

まず、溶けやすい状態になっているタイプはのど越しが良くて飲みやすいといえます。
良く溶けていると、飲んだときに口内やのどにザラザラした感じが残りません。
サラッと体内に摂りこまれてゆきます。
有名なメーカーや人気の商品は大概このような加工になっていますが、なかには加工が粗いメーカーもあります。

のど越しが随分と変わるので気を付けて選んでください。
また抹茶風味という商品は青汁特有の青臭さが更に軽減されています。
他の飲料に混ぜてもクセが少ない分、相性がよくなります。

青汁に他の材料を加えている商品もあります。
例えば、はちみつや果物です。
はちみつ入りはほんのりと甘くなり、柔らかな風味になります。
同時にはちみつの成分を摂ることができるので一石二鳥といえます。

果物入りには、イチゴやバナナ、りんごなどを加えたものがあります。
自然でフルーティーな甘さのある青汁になります。
更に果物に含まれるビタミン類を一緒に摂ることができます。
飲みやすいというだけではない点が嬉しいところです。

このように飲みやすさは格段にレベルアップしていますが、
溶けやすいというメリットを活かして他の飲料と混ぜることもお勧めです。
手作りスムージーや牛乳などに混ぜれば青汁であることをつい忘れてしまいます。
スープに混ぜても良いでしょう。
食する直前に入れれば良いだけです。

おいしくて飲みやすい青汁」はたくさんあります。
種類や選択肢は増え、自分好みの青汁を見つけることも出来るようになりました。
青汁愛用者も多いので、アレンジ方法などの情報交換も簡単に行うことが出来ます。
美味しい青汁のレシピも沢山あるということです。
自分なりの楽しみ方、自分の好きな青汁、そんなものを見つけてみませんか。

Copyright© 2011 健康に欠かせない成分 All Rights Reserved.