レシピ

青汁でコレステロールが下がる?

健康診断の結果を見る時に気になる数値といえば、コレステロール値です。
体重のように気になった時に調べるというわけにはいきませんので、結果を見るときにはドキドキするものです。
食生活の欧米化でコレステロールも上がりやすい環境になっています。
日頃の食生活の改善が大変重要になります。

しかし、食生活の改善といっても簡単なものではありません。
仕事で遅くなれば手短に済ませたくなりますし、外食やお付き合いが増える時期もあります。
主婦は家族の好みが優先されてしまうこともあります。
そのような環境でも簡単にコレステロール値を下げることが出来ます。
青汁で野菜不足を解消するのです。

コレステロールには細胞膜の成分や胆汁酸などの成分になる重要な役割があります。
悪者のように扱われがちですが、決してそんなことはないのです。
では何が問題かというと、悪玉コレステロールの量に問題があるのです。
悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールは肝臓で合成されたコレステロールを全身に運ぶ働きがあります。

善玉コレステロールと言われるHDLコレステロールは壁に付着してしまうLDLを取り払ってくれます。
ところが、LDLの量が増えるとその作業が間に合わなくなります。
壁に付着したLDLが血管を細くし、血流を妨げ、血栓や動脈硬化などの原因になってしまいます。

青汁には食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維は腸や肝臓でコレステロールを吸着し、排出する働きがあります。
その働きが増えてしまったLDLコレステロールを減らしてくれるのです。

普段の食事で野菜を増やすことは簡単そうですが、必要な食物繊維を摂るには相当な量を食べる必要があります。
場合によっては3食とも見直さないと難しい人もいることでしょう。
それが青汁なら簡単に、そして手軽に摂ることができます。

しかも一緒に豊富なビタミンやミネラルを摂ることが出来ます。
こんなに嬉しいことはありません。
青汁なら食生活の見直しと同時にコレステロール値の上昇予防http://www.heinleinnexus.org/koresute.htmlと改善が無理なく行えます。
青汁はどのようなものが売れているのでしょうか。よく調べてから購入しましょう。

Copyright© 2011 健康に欠かせない成分 All Rights Reserved.