レシピ

青汁の原料ケールの栄養価とは

青汁の原料といえばケール、大麦若葉、明日葉、クマザサなど色々とありますが、
ケールはその中でも多く使用されている原料です。
定番の原料と言うことができます。

ケールは緑黄色野菜で濃い緑の葉が特徴的です。
キャベツなどのルーツになっていている野菜です。
生命力が強く一年を通じて育てやすいことから青汁の定番の原料になったと言われますが、栄養分の豊富さも魅力的です。

注目すべき点はビタミン、ミネラルなどが豊富http://ranking.qpd.jp/mineral.htmlということです。
大麦若葉も豊富な栄養素が特徴ですが、それと同等、もしくははるかに凌ぐ量の栄養分が詰まっています。
ビタミンC,A,E、K、葉酸、カルシウム、マグネシウム、ベータカロテン、クロロフィル、ルテイン、食物繊維などが多く含まれています。
種類が多くバランスが良いという特長があります。

ビタミンCには美白効果や鉄の吸収率を良くする働きがあります。
様々な疾患の原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用もあります。
アンチエイジングにも欠かせない成分です。

ビタミンEは抗酸化作用と血行促進効果があり、肩こりなどを軽減してくれます。
葉酸は特に妊娠中に必要な成分として知られていますが、不足すると肌荒れや疲労感、貧血などを引き起こす原因にもなります。
カルシウムは骨や歯を作る成分として有名ですが、筋肉の収縮などにも関わっています。

マグネシウムは体内の酵素の働きを助ける成分です。
300種類以上の酵素の働きに関わっていると言われています。
ルテインにも抗酸化作用があります。
紫外線や青色光を吸収する働きもあり、パソコンなどの画面を見る時間が多くなった現代の生活には欠かしたくない成分といえます。

ここに紹介した成分はごく一部で、他にも多くの成分を含んでいます。
あまりにも多くの成分を含んでいるため、野菜の王様とも呼ばれています。
その豊富な栄養のため、あれこれ摂らなくても十分な効果が得られるというメリットがあります。
美容意識や健康志向の高い人の中には何種類ものサプリメントなどを摂っている人もいますが、種類が増えれば負担も増えます。
手軽に十分な栄養が摂れるという、まさに青汁にピッタリの食材なのです。

Copyright© 2011 健康に欠かせない成分 All Rights Reserved.